田畑 智砂 Chisa Tabata (Tahata)

田畑 智砂
1.略歴 上智大学法学部卒業(LLB)
慶應義塾大学大学院法務研究科卒業(Juris Doctor)
2012年1月
 弁護士法人パートナーズ法律事務所入所
2014年1月~2016年3月
 Siam City Law Offices (Bangkok, Thailand)勤務
2.所属団体 東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会
東京弁護士会外国人の権利委員会
外国人労働者弁護団
外国人研修生問題弁護士連絡会
外国人ローヤリングネットワーク
青年法律家協会国際委員会
認定NPO法人ヒューマンライツナウ
東京中小企業家同友会国際ビジネス支援部
3.言語 日本語,英語
4.メッセージ 2014年4月より2年間,タイの大手現地法律事務所Siam City Law Officesに常駐し,
在タイ及びこれからASEAN進出を希望される日系企業様のサポートをさせていただいておりました。
タイ法の知識と経験を生かし,ジョイントベンチャー,M&A,知的財産,会社法務,
契約書起案及びレビュー(日本語,英語),契約書翻訳,労務問題,訴訟など,
アジア各国と日系企業様との架け橋になれればと考えております。
また,子どもの人権問題をライフワークとしており,虐待,いじめ,少年事件等に積極的に取り組んで参りました。
子どもにまつわる法律問題は,権利侵害が実際に行われてしまった後では原状回復が非常に難しいことから,
通常の弁護士業務とは異なった専門知識と迅速なアプローチが必要となります。
どんな些細なことでもお早めにご相談ください。
5.著作,講演等 東京弁護士会もがれた翼パート18「教育虐待~僕は,あなたのために勉強するんじゃない~」出演(2012年8月)
いじめ出張授業(練馬区立中学校,2013年3月)
シンポジウム「子どもの権利条約から,今,あるべき少年審判を考える」「凍りつく声」出演(2013年6月)
東京弁護士会もがれた翼パート19「虹がかかるまで~本当はいじめはいやなんだ~」出演(2013年8月)
いじめ出張授業(足立区立中学校,2013年9月)
「タイにおいて知っておくべき法律知識」講義(在タイ日系企業,2014年6月)
「クーデター後のタイビジネスに商機はあるか」スカイプ講演(2014年7月)
「日本国弁護士海外進出のフィージビリティ・スタディ」弁ラボ講演(2014年10月)
東京中小企業家同友会渋谷支部「クーデター後のタイ政治,経済,投資動向」講演(2014年10月)
「タイにおいて知っておくべき法律知識」講義(在タイ日系企業,2015年1月)
「ASEAN経済統合をふまえたタイビジネスの現在・未来」講演(東京中小企業家同友会国際ビジネス支援部,2015年2月)
「駐在員の皆様が知っておきたいタイ法の基礎知識」講義(在タイ日系企業,2015年3月)
「日本人弁護士から見たタイの現状と中小企業によるアセアン進出の展望」講演(日本経済大学大学院,2015年4月)
Name Chisa Tabata (Tahata)
Expertise Corporate, Intellectual Property, M&A, Family Law(Divorce, Parental Authority), Inheritance, Litigation (Civil and Criminal)
Message I had been seconded to Siam City Law Offices in Bangkok, Thailand for 2 years from April, 2014 to March, 2016. During this time, I have had the opportunity to work with many big Japanese companies providing legal support regarding establishment of companies in Thailand as well as M&A, Intellectual Property, labor; drafting and reviewing of agreements as well as assisting local lawyers on litigation matters relating to Japanese companies in Thailand. With this extremely balanced experience and unique knowledge, I believe that I would be in a better position to bridge between Asian Nations and Japan.
As a furtherance to my professional background, I have devoted my energy to protecting children’s human rights with the emphasis of prevention of child abuse, bullying, and juvenile cases as my lifework. These issues demand a quick and delicate approach with expertize unlike any other legal issues since it is difficult to restore children’s life to the original conditions once damaged. Please do not hesitate to consult with me even slight matters ahead of time.